Jump Over the Moon



カテゴリ:未分類( 25 )


トーナメント表

今週日曜の試合のトーナメント表が発表されました。



アダルト紫帯ペナ級は激戦区のはずなのに4人はないな。



とりあえず1回勝って入賞目指します。
[PR]
by hiroaking74 | 2007-10-18 11:23

デービット・キャマリロ

昨日、柔術魂3という雑誌を買ったんだけど、今回もたくさんの柔術家が紹介されていた。



テクニック講座のページを見ると、「巴十字」が載っていた。

ずーっと巴十字やりたいと(昼柔術で自分がやられてから)思ってたんだけど、誰に教えてもらおうか迷ってたとこだった。
本と付属のDVDを参考にやってみたけど、極め甲斐のある技だった。
その動画をケータイに取り込んで、電車などで見て熟見してます。



もちろん巴十字だけじゃなく別な技ものってたんだけど、なんかどの技も自分好みのものばかり。

これ誰のテクニック講座?
と名前を見ると、デービット・カマリロ、AKAの柔術の先生らしい。
ナイスガイだ。

正直AKA(American・Kickboxing・Academy)なんて知らなかったけど、数々の有名UFCファイターを輩出してるらしい。





やばいな、弟子入りしようかな、キャマリロに。

お金貯めよう。
アメリカ行こう。
キャマリロの弟子になろう。
UFC出たい。



Jump over the moon.
[PR]
by hiroaking74 | 2007-10-09 17:50

太極拳

昨日大学の授業で太極拳をやった。



太極拳は武道で柔術は格闘スポーツだし、やり方もスピードも違うんだけど、共通するものはたくさんあった。



一般的に知られているように、太極拳は”ゆっくーり”やるものだ。
実際やってみたら足はぷるぷるするわ肩に力入るわで大変だった。

でまぁそんなのは慣れてくれば平気なんだけど、太極拳の良さはまさにその「ゆっくーり」なところ。

ゆっくーりだからこそ相手がこう来たらこうやってっていうのが頭の中で考えながらできるからいい。
実際昨日も動きの中で何度仮想の相手と戦ったことか。

やっぱり格闘技でも球技でもスピードが求められるけど、どんな速い技や動きでも、初めはゆっくーりだと思う。
ゆっくーりやって考えて理解して身体に染み込ませて、そして最後にスピードをつける。
初めからスピードスピード言ってたら正確さに欠けてしまう。

ズババッと速くやりたいのはわかるけど、柔術も打撃も太極拳みたいによっくーりやってみるのもいいかも。



Jump over the moon.
[PR]
by hiroaking74 | 2007-10-03 13:18

エコファイト

今日スパーしてて思ったこと。



それは、
「動かない時間がもったいない」
ということ。





例えば、5分スパーした時実際に動いてるのは何分だろうか。

たしかに相手によって変わってくるし、動いてはいけない時もある。

でも動けるのに動かないってもったいない。





もったいない時代。





物だけじゃない、時間も大切にしないとね。

リサイクルはできないけど。





目指せエコファイター!



Jump over the moon.
[PR]
by hiroaking74 | 2007-10-01 19:58

第1回関東ブラジリアン柔術選手権

昨日エントリーしました。
IDの更新も。



もう1ヶ月ないんですね。

今週1週間はずっと風邪で寝込んでたけど、今日からまた頑張ります。

体重は減量必要なさそうです。

紫帯ってどんなもんなのか楽しみ。
紫帯の人と練習はしたことあるけど「試合」はないからね。
なんか今回は紫の壁が感じない気がします。
[PR]
by hiroaking74 | 2007-09-29 14:43

出ようかな

関東柔術選手権に。
10/21だって。



年末まで試合しないと考えてたけど、この間ジムメンバーの試合観たら出たくなった。

もう少し考えてみようかな。
[PR]
by hiroaking74 | 2007-09-26 00:39

1ヶ月ぶりに

昼柔術に行った。





昼柔術にはほとんど紫帯以上の人しかいない。
なのでここは強くなれる場所の1つだ。



今日は自分と同じ紫帯の人がたくさんいた。

やられまくった。

この人たちに勝たなければ上には行けないんだと思った。



試合がなくても試合前くらい練習しなきゃな。





Jump over the moon.
[PR]
by hiroaking74 | 2007-09-21 15:41

足で撃つ

いつだったか、
「パンチは足で撃つんだ」
ってボクシングを始めた友達に言われた。





その頃は打撃なんてまったくやったことなかったから、その意味がわからなかった。

だってパンチでしょ?
明らかに腕じゃん。





しかしこれは素人の考え。

昨日山崎さんにミット持ってもらってわかった。

今朝起きてわかった。





足が辛い。
足が筋肉痛。





それに対して腕など上半身はとくに何ともない。

あんなにパンチ撃ち込んだのに。。。





ってことはやっぱり足でパンチを撃ってたってことなんだね。










足でパンチを撃つ。

呼吸でジャンプする。

英語で仏語を理解する。



Jump over the moon.
[PR]
by hiroaking74 | 2007-09-20 20:45

時間之使イ方

クラスが始まる前って結構時間がある。

7時からクラスが始まる時には6時にジムに着いて談笑したりとかがこれまでは多かったけど、これからはそういう空き時間を利用して打撃の練習をしようと思う。

教えてもらったことを復習しながらシャドーしたり、サコさんにお願いしてミットやってもらったり。

昨日山崎さんと打撃の概念についてちょっと話したが、打撃のことが少し理解できた。
頭で理解したらあとは身体。

まずはフォームを大切に、大切に。




Jump over the moon.
[PR]
by hiroaking74 | 2007-09-13 15:10

ヒロトレ

今日は練習のあと何人かでオリジナルのトレーニング(通称ヒロトレ)をやった。
まだまだ試行錯誤しながらもっといいトレーニングを探していこうと思う。


そういえば、今現在ほんとに色んなトレーニング方法が出回っているけど、柔術用トレーニングってなかなかないんじゃないか?柔術ムーブともまた違うし。

器具を使ったトレーニングやこれまで多くの人がやってきたトレーニングはほんとに柔術に役立っているのか。きっと役立ってないものもあるはずだ。

それよりだったら「柔術で使えるトレーニング」をやったほうがいいんじゃないかと思う。

そこで、柔術トレーニングって何をすればいいか。もう今の時点で全てわかってたら本出してるよな。でも最近そういうこと考え始めたからまだまだ…

でも1つだけ、これは絶対と言えるものがある。
それはギを使ったトレーニング。

例えば相手を引くときのパワーをつけるためにトレーニングをするとしよう。
トレーニング方法は二択。

①器具を使ったトレーニング
②ギを使ったトレーニング

①も②も負荷が同じだとしたら、みなさんはどっちを選びますか?
ボクは絶対に②です。なぜなら、実際に柔術で相手を引くときにはギを掴むからです。
たしかに同じ負荷でやったら筋肉的にはどちらも同じパワーがつく。でもトレーニングしているとき、身体の記憶というか感覚という観点でみたら、やっぱり実際に筋肉を使うとき(ギを掴むとき)と同じ感触(手の感触、身体の記憶)でトレーニングすべきだと思う。
そしたら実際に柔術で、鍛えたその筋肉を使う時、筋肉も、身体も、手も、トレーニングした時の感じを思いだし、ベターパフォーマンスができるような気がする。


とまぁ自分なりの持論を書いてみたんだけど、どうなんでしょうか。
トレーニングもなんでもそうなんでしょうが、人それぞれ合ったやり方や考え方ってありますよね。なのでコレもいいとか悪いとかはないと思います。
でも少なくとも自分はこの考えでこれからトレーニングしていきたいと思ってます。




Only is not lonly.
[PR]
by hiroaking74 | 2007-09-06 01:12

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧